兵庫の注文住宅で憧れのマイホーム

兵庫の注文住宅で憧れのマイホームとは

兵庫の森に植えて育てた大切な木で注文住宅を造ろう

木で造られた注文住宅に住むというのは、きっと、多くの人が夢見ていることなのではないでしょうか。

畳の大きさ、窓の大きさ床から天井までの高さ、2階建てであれば、屋根までの高さなど、ある程度家を建てる時、企画の大きさというのがあります。

床面積は畳の大きさから○畳というように部屋の大きさが決まっています。

建売の場合、値段は少々安く抑えることができますが、家が出来上がっているため、自分の好きな設計にすることができません。

だからこそ、値段が高くはなるものの、自分である程度好きなように設計することができる注文住宅を建てるということが、本来の姿なのではないでしょうか。

兵庫県では、地元で栽培している良質の木を利用した、木造の温かみのある家を造ることに力を入れています。

だからといって、ただ木を切って森林を壊してしまうのではなく、森林を守るために、木を植え、大切に育てているそうです。

兵庫県のこういった取り組みは、自然が減ってしまった現在の地球にとって、とても大切なことであり、見習わなければいけないことのように思います。

兵庫県といえば、世界遺産として有名な姫路城がありますが、この姫路城と同じものを、現在建てようと思うと、何百億、何千億円もかかるのだそうです。

それだけのお城を、建てた兵庫県ですから、森林がたくさんあります。

また、本州の両端である青森県や山口県以外では、唯一、日本海と瀬戸内海両方の海に面していて、漁業が盛んであること、中部から北部は農林水産業が盛んで、過疎地や豪雪地帯もあり、自然がたくさん残っている地域でもあります。

兵庫県では、こういった自然素体説に残そうという試みが、県全体で行われていて、建築業界の中では、ただ木を伐採するだけではなく、苗木を植え、大切に育てています。

ある兵庫県建築会社では、何処で育った木かわからないのではなく、地元で自分たちで伐採した良質な木のみを使用して注文住宅を造っています。

兵庫の注文住宅で温かみのある住まいへ

注文住宅というのは、とてもコストがかかります。

あちらからもこちらからも材料を運ぶのではなく、地元である程度材料が用意できれば、運搬費を抑えることができるので、少しでも、安く朱蒙住宅を提供できるよう、頑張っているようです。